聴診器をあてる医師

副作用について

アフターピル通販でアフターピルを購入するときは、必ず事前に副作用について調べておきましょう。アフターピルは女性の体内で急激な変化をもたらしますので、かなり大きな副作用があらわれます。
アフターピル通販を利用する場合、本来は医師から直接聞けるはずの副作用の話が効けませんので、自分で副作用に対応していく必要があります。アフターピル通販を利用する際の唯一の懸念事項なので、必ず調べておきましょう。
また、アフターピル通販を利用して、本来の副作用とは異なる症状が出てきた場合は体の中で何かが起こっている可能性もありますので、場合によっては病院に駆け込むことを視野に入れておきましょう。

アフターピル通販で購入する薬に共通する副作用は、やはり吐き気です。ヤッペ法と呼ばれる古い方法を利用した場合は非常に強い吐き気に襲われますので、薬を吐いてしまわないように気を付けましょう。病院で処方してもらった場合は吐き気止めも一緒に処方してくれることが多いのですが、アフターピル通販で購入した場合は自分で吐き気止めを用意する必要があります。
アフターピルの働きを邪魔しない吐き気止めとしてオススメなのが乗り物酔いの薬なので、吐き気をこらえられない場合は乗り物酔いの薬を使いましょう。

吐き気以外の副作用としては、頭痛が起こったり、胸の張り、めまい、腹痛などがあります。これらもすべてアフターピルがもたらす急激な変化に対応するためのものだといえます。
これらの副作用は服用から24時間以内になくなることがほとんどなので、安心して利用できます。逆に言うと、24時間以上たっても副作用がなくならない場合は、大事を取って病院に行くと良いでしょう。