聴診器をあてる医師

タイムリミットについて

黄色い錠剤

アフターピルの利用は避妊の失敗から72時間以内というタイムリミットがあります。たとえ時間内に服用したとしても、服用が遅れれば遅れるほどに避妊率は低くなりますので、アフターピル通販を利用して手元に置いておきましょう。

詳細はこちら

強制的に妊娠を止める

薬とコップを持っている女性

アフターピル通販では様々な種類のアフターピルを購入できますが、そのどれもが女性の体の状況に合わせて効果的な避妊が行えます。アフターピルは生理を起こすことによって妊娠できない状態にしますので、非常に効果が高いといえます。

詳細はこちら

LNG法とヤッペ法

処方箋袋から出ている薬

アフターピル通販ではヤッペ法と呼ばれる古い方法のものと、LNG法と呼ばれる新しい方法があります。LNG法の方が安全かつ利用しやすいのですが、金額だけで考えればヤッペ法がお得です。

詳細はこちら

副作用について

瓶から出ている白い錠剤

アフターピル通販で購入できるアフターピルにはどうしても副作用があります。吐き気の他にも頭痛や胸の張りといったものもありますので、副作用に気を付けながら服用しましょう。

詳細はこちら

個人輸入のメリット

白いテーブルの上にのっている薬

アフターピル通販は金銭的に大きなメリットがありますので、安価で治療を行いたい方にオススメです。事前に用意しておくことができる点も踏まえれば、アフターピル通販は病院での処方よりもメリットが大きいといえます。

詳細はこちら

最後の避妊方法

束になっている薬シート

セックスの際にきちんと避妊を行っているカップルは日本中にどれくらいいるのでしょうか。多くの方は妊娠を望まない場合はコンドームでしっかり避妊をしていると思うのですが、日本では2014年の年間中絶数が18万件以上あります。
この18万件の中には、しっかりコンドームを付けていたカップルも存在します。実はコンドームの避妊率は意外と低く、全体の約2割がコンドームによる避妊に失敗したとことがあるというデータもあります。
主な原因は行為中にコンドームが破れてしまったり、コンドームが脱落することによって精子を防ぐことができなくなることが挙げられます。コンドームはこのような事故が起こる確率が非常に高いのです。
18万件の中絶が行われているということは少なくとも18万もの生まれてくる命が失われ、それと同じくらいの数の女性が傷ついていることになります。
中絶は心にも体にも消えない傷を付けますので、コンドーム以外の避妊方法についても考えておきましょう。

今回紹介したいのは、アフターピル通販です。アフターピル通販で購入できるピルは避妊の失敗の後からでも効果を発揮することができる唯一の避妊方法です。
アフターピル通販を有効に活用すれば、望まない妊娠の確率をぐっと下げることができますので、すべての女性が必ず持っておきましょう。
アフターピルは病院などで処方してもらうことができるのですが、アフターピル通販の方がメリットが大きいので、今では多くの方がアフターピル通販を使っています。
当サイトではアフターピルの使い方、副作用、選び方など、アフターピル通販を利用する際に必須である知識を紹介していきます。
いつ避妊に失敗しても対応できるように備えておきましょう。